スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






商品先物取引にて利益がでる仕組み


「商品先物取引で損をした」、「失敗した」という人の話は良く聞きますし、実際そういった人達
が後を絶ちません。しかし、それとは逆に株や外貨投資とは比較にならないほど大きく儲けた
話(誇張もかなりあるとは思いますが)をする人の話を耳にすることも少なくありません。



基本的に商品先物取引は、どうしてもその性格上、投資というよりも投機的取引と呼ぶにふさ
わしい面があります。なので、一回のトレードで成功すれば、それこそ途方もない大きな利益
がえられますが、逆に失敗した時には、とてつもなく大きな損を生み出す時もあります。



投機といいましたが、「丁か半かを当てる賭博」とは違って、価格変動を予測することで勝機を
得る(売買差益を得る)ことができるという意味においてです。ですので、その価格変動の上昇、
下降を的確に捉えることが先物取引で成功する上で非常に重要なのです。



実際に商品先物取引の相場で、一体どのくらいの割合で市場参加者の投資家が儲けている
のでしょうか?。実際に自ら足を運んで統計をとったわけではなく、あくまでも人から聞いた話
なので恐縮ですが、参加者の8割強は損をしているそうです。



こうしたことから、実際に先物取引で儲けることができるのは2割弱ということになります。しかし、
その分得ることが出来る利益が大きいのも事実で、アメリカでは商品先物取引に投資した金額
の1割とか2割程度の利益を狙うには、あまりにもリスクが高が高いと考えます。



ですので、最低でも投資した金額の2倍以上の利益を得ることを目標にしながら、細心の注意
を払いながら大胆に行うべきと商品先物取引を捉えているようです。



相場は日々変化しています。突発的な出来事が起こるといっぺんにそれまでの優位にあった
情勢がひっくり返される事が当たり前のようにおきますので油断することは許されません。



常に迅速に対応しなければならないことから、損失が出そうだと判断した場合は、速やかに
損切をします。そして、大きな利益を狙うのであれば、反対に利益が出ると判断出来た時は、
とことん利益を追求する、強い心臓をもって突き進まなければなりません。



特に今現在、世界の金融市場が大きく揺さぶられていますので、株式市場から商品先物取引
市場にシフトされる動きが顕著になっています。しかし、好材料が発表される度に、商品市場
から引き上げる動きが一気に高まりますので注意が必要です。







スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引 商品市場

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。