スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ガソリンの特徴と取引する際の注意点

原油価格がこれほどまでに大きく動いた年はありません。実際に今年
の7月には1バレル=147ドルをつけて史上最高値を更新しました。



当時、アナリストや市場関係者の中には2008年の年末から2009年
の初頭にかけては1バレル=200ドル台をつけると予測する声も少な
からずありましたが、今では1バレル=30ドル台まで下落しました。



投機マネーの規制による影響も多少ありますが、やはり、ここにきて
金融不安が波及し、世界中が景気悪化に苦しんでいるため、需要が
大幅に低下したことが大きな要因となっています。



こうした影響からも大幅に値下げされています。原油高が最
高潮に達した時には1リットル=190円台にありました。



基本的に商品先物市場に上場している銘柄の中でも特にガソリンと
灯油は値動きが荒いのが特徴とされています。そして、一年を通して
流動性が高いので、短期売買には最も適していると思います。



また、原価コストが高いので、1円あがるだけで、スタンドの経営者の
方からすれば大変なリスクになるわけです。実体経済におきな影響
をおよぼすので、株式にも大きな影響をおよぼします。



原油と直結しているので、原油相場は当然のことながらチェックする
のと、在庫状況や、産油国(中東)の地政学リスク、台風などの災害、
OPECの総会などは常に中止する必要があります。



また、為替の影響も強く受けるので、ドル円、ユーロ円相場くらいは
取引中もチェックする必要があります。



場中、大きく動くことがあるのですが、そうした場合には何らかしらの
材料が発表された可能性が高く、為替市場は商品先物市場とは異
なり、瞬時に動くのが特徴とされています。





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。