スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






『ドル下落とアジア通貨急伸が必要』


【商品先物取引が分かる金融取引入門】


<トピックス>


ロイター通信が独自に調査した結果、欧米やアジアの著名なエコノミストたちは、
世界経済の不均衡な状態を正すには、政策や為替の面で、大幅なてこ入れが
必要との認識を示したとされております。


特効薬的解決策として、上述のエコノミストたちは、ドル下落とアジア通貨の
急上昇などが必要という見解を示しております。


レポートは、来月ワシントンで開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)
や、国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季会合を前にまとめられ、今月27日に
公表されたもようです。


レポートでは、米国の赤字と、アジアおよび石油輸出国の巨額黒字を背景に
拡大する不均衡の問題に取り組むためには、各国が共同歩調をとることが必要
という見解が示されていたもようです。


エコノミストは、適切な政策措置がとられなければ、市場の力による調整が起きる
可能性があると警告しておりますので、このまま放置されれば、エコノミストたちが
危惧するように、予測不可能な事態が起きる可能性があるかもしれません。


この点についてエコノミストは以下の通り見解をしめしました。


   「世界の金融市場の最近の変動は、迅速に行動しな
          かった場合の危険について、注意を喚起するものだ」


また、レポートでは以下の通り主要通貨の適正を指摘しています。


ドルは10─20%下落、

人民元は30%上昇、

円は25─30%上昇

ユーロは、1ユーロ=1.33ドルから1.45─1.50ドル


米国経済に関して、米国国内よりも国外のエコノミストや識者のほうが危惧する
動きが多く見られますので、レポートの内容もうなずけます。




応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合におきましても、利用者
の損害につきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





スポンサーサイト

シカゴ商品取引所、 ICEと買収交渉開始


【商品先物取引が分かる金融取引入門】


<トピックス>


また、大きく米国の先物市場の流れが大きく変わろうとしています。


シカゴ商品取引所の親会社であるCBOTホールディングスは、エネルギー関連を
主に取り扱う米商品取引所のインターコンチネンタル・エクスチェンジから総額99
億ドルでの買収提案を受けていることを明らかにしました。


この件に関して、CBOTホールディングスは、早急にインターコンチネンタル・エクス
チェンジと交渉を開始する方針としています。


そして、今月19日、CBOTホールディングスは取締役会がインターコンチネンタル・
エクスチェンジとの交渉を承認されたと発表したもようです。


ただ、株主には引き続き、昨年10月にシカゴ・マーカンタイル取引所の親会社CME
ホールディングスから提案された合併案の方を推奨する方針であるとしています。


ちなみにCMEホールディングスが提案した合併案は、シカゴ商品取引所を約89億
7000万ドルと評価しているとされております。


CBOTホールディングスは4月4日に株主の投票を予定してます。
 

2006年のデータに基づきはじき出された数字によりますと、インターコンチネンタル・
エクスチェンジとシカゴ商品取引所が仮に合併した場合の先物先物オプション
先物決済の米市場シェアは約33%となるとされています。



一方それに対しシカゴ・マーカンタイル取引所とシカゴ商品取引所を合わせたシェア
は約87%となり、独占的なシェア率が規制当局の認可を得る上で障害となる可能性
があると推測されております。




応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合におきましても、利用者
の損害につきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





ジム・ロジャーズ「ロシア、いずれバブル崩壊」


【商品先物取引が分かる金融取引入門】


冒険家としても知られる米投資家、ジム・ロジャーズ氏はロシアの株式市場は
過大評価されてるとし、以下のようにその理由を説明しております。


            「自分ならロシアには絶対投資しない」


      「ロシアは、ひとつの大きなバブルだ。このバブル
             はいずれはじける。割合早く現実化するだろう」


    「ロシアはひどい。誰もが資産を奪い取ろうとしている。
       ロシアを旅すれば分かるが、鉄道やパイプラインや道路に
          多額の投資は行われていない。これは無法な資本主義だ」



ロシアでは国家が資産を差し押さえており、企業オーナーは、ロンドン市場
に新規株式公開(IPO)を通じてのみ現金を手にしてる見方も示しております。


昨今BRICsの一国であるロシアは原油高などを背景に好景気が続いてます。


昨年は株価が80%急騰したとされていますが、今年に入り世界同時株安の
影響を受けたことからすでに下落率が7%に達しています。


また前回、ロシアを襲ったのは株式市場の崩壊ですが、今回は住宅及び商品
市場のバブルがはじけることで、より深刻な状況に陥ることを危惧しております。



応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



※投資は必ず自己責任の範囲内でお願いいたします。

投資する前に必ず各機関から発表される正式な開示情報をご確認ください。
サイト内の文章の誤字、誤配信を含め、いかなる場合におきましても、利用者
の損害につきましては、一切当方では責任を負いませんのでご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。