スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






原油高が進み、高値警戒感さらに高まる



商品先物取引が分かる金融取引入門】



NY原油が米週間統計で原油在庫が予想外の大幅減となり、また、
トルコ軍がクルド人武装勢力の拠点を空爆したことが報じられたこと
で、原油価格はついに90ドル台に跳ね上がることとなりました。



そして、エクソン・モービル社は27日からの週間スポット仕切りを、
予想通り全油種に渡って引き上げることとなりました。



こうしたことから一般の小売業者の中には、実需が伴わない中での
値上げに当然のことながら不満が爆発していることから、小売価格
の値上げには慎重な向きも少なくないようです。



また、先高観による売り渋りに加え、実際の玉繰りの窮屈さもさすが
に尋常ではないようです。


このため、売唱えを引き上げて受注を回避する向きもあります。


実需不在の中で、買い手となるタンク保有筋による溜め込みはほとん
ど済んでいるので、まとまった数量のオーダーはまばらの状態です。



そして、寒冷地では、冬本番に向けて灯油商戦の準備も着々と進ん
でいるようですが、全国的には今だ需要期に程遠いことから、出荷は
依然として低調なままの状態にあります。



石連週報によれば、20日時点の灯油在庫は前週から積み増している
ため、今後もし平年よりも早く、寒波が訪れるようだと、供給が間に合
わない可能性もあり、小売価格の高騰も否定できません。



そんな中、気象庁の3カ月予報(11~1月)によりますと、この期間の
平均気温は平年並みまたは高い確率ともに見通しにあります。



売り手と買い手のどちらが仕掛けに動くかは、原油市況の動向に負う
ところが大きい来月の原油調達コストの上昇は確実と見られるため、
買い手に焦りが出そうで、堅調な展開が見込まれます。



NY原油も、悪化を先取りする形で、26日の夜間取引の段階で91ドル
台に値を上げるなど、未曾有の高値圏に位置しており、過去の経験則
が全く役に立たない局面に入っています。



ですので、相場のことは相場に聞けとはよくいったものですが、へたに
動くと、大きな利益をあげられる可能性もありますが、とてつもない大
きなダメージを負うことになる可能性もあるので、個人投資家は静観す
るか、小口の短期売買に徹するしかないように思います。





応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



商品先物取引への投資は自己責任でお願いします。

商品先物取引市場で 投資する前に各機関から発表される
開示情報をご確認下さい。 サイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ






スポンサーサイト

tag : 灯油 短期売買

原油高騰に歯止め利かず




商品先物取引が分かる金融取引入門】



<貴金属>


NY金は、ドル安や原油相場が上伸したことにより1980年につけた
高値を更新することなりました。



NY原油が史上最高値を更新し続けていることが、インフレ懸念を
あおることとなり、地合いを引き締めています。



今後の展開ですが、もし日米の株価が調整局面を迎えるのであれ
ば金相場へも影響は大きく反映されることとなります。


一方の東京金ですが、堅調な相場が続いていることにより、市場で
の人気が活発化しております。


そしてNY白金は、供給不安が台頭したことにより上伸しました。




<石油>


NY原油は、一本調子で上昇する展開となり、また、時間外取引
におきまして、ついに1バレル90ドルを突破しました。


世界経済に与える影響を考えると心配になってきますが、今のと
ころ騰勢に衰えは見受けられません。


やはり、ここにきてドル資産離れが顕著になってきたもようです。



先月実施された利下げをきっかけに米国株などに向かっていたと
目される投機資金が原油などの商品市場に流入してしまったこと
により、今後も商品価格の上昇は避けられないと思います。



そして、クルド武装組織を越境攻撃する可能性が高まっている
ことも高騰の要因としてあげられております。




<穀物>


大豆油高が相場を押し上げる展開となったことから、シカゴ大豆
は高値をつけ、また、今週に入り、大雨で収穫ペースが鈍化した
ことが下支えとなったもようです。



そして、米農務省が発表した週間輸出成約高は強い需要を裏付
ける内容であったことからシカゴ・トウモロコシもドル安とともに
週間輸出成約が強い内容となりました。



米中西部西域の天候の影響から収穫が大きく遅れていますが、
収穫ペースは平均を上回っております。




応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



商品先物取引への投資は自己責任でお願いします。

商品先物取引市場で 投資する前に各機関から発表される
開示情報をご確認下さい。 商品先物取引に関するの文章
の誤字、誤配信を含め、いかなる場合も、一切責任を負い
ませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ






さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。