スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






規制により原油相場の健全化進む


今週に入ってから、これまでの買われすぎだった状況が一転し
てNY原油相場は20ドル以上の下落幅をつけて下落しました。



世界的な規模での景気後退が現実のものとなり、今後需要が
大きく後退することが予想されていることから、市場では高値
に対する警戒感が、ここにきてより強まってます。



これまで、原油先物市場にて不正な価格操作が各方面で指摘
されていましたが、CFTCにて投機マネーによる価格操作は行
われていなかったと発表されました。



これにより、原油先物市場から、これまで過剰に流入していた
投機マネーの流入が大幅に減少することとなりました。



また、個人消費が落ち込んでいるため、米国での在庫が増加
していることも、下落した大きな要因となっています。



一方で、今週の米国株式市場では、大手金融機関の決算発表
が一部好感されたり、政府系住宅金融公社の救済案が急浮上
したことで、見直されつつあります。



今後はさらに、金融当局による金融不安を低下させるための
具体案が市場で評価されれれば、株式市場に再びマネーが
シフトされる動きが活発化するかもしれません。


これまで150ドルを越えるのは時間の問題とされていました。


しかし、現状から考えて史上最高値を再び更新する動きになる
には、イランやナイジェリアなどの地政学リスクが大きく高まら
ない限り現実的では内容に思われます。



これまでの相場を支えてきたファンドが撤退する動きが活発化
することとなれば、さらに一段下の下落を目指す展開が来週
以降見られるかもしれません。



【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 地政学リスク

原油需要の低下が加速する可能性


先週は、OPECやIEAの双方から世界的な景気後退により需要が
減るとの見方が強まり原油需要見通しを下方修正しています。



中国をはじめとした新興国市場では経済成長にともなって需要は
今後も継続して伸びると予想されいるのですが、それ以上に先進
国の需要が後退すると予想されています。



一方で、米国では景気減速の影響からか製品の販売が不振に陥
っているため原油の在庫は増加傾向にあるようです。



こうしたことから、消費国から執拗に原油増産を迫られても、頑な
に原油の流通量は十分な状態にあると主張してきたOPEC側の
言い分がある意味正しかったことになるわけです。



なので、これほどまで高騰した背景には投機的マネーが一方的
に流入したことによる結果だと思います。



実際に、これまでイランやトルコ、ナイジェリアなどの国々よる地政
学リスクが台頭するたびに大きく値をあげてきているので、今後は
沈静化に向かう可能性が高いです。



週後半には、1バレル=120ドル台後半につけているので、急に
あがった相場は急に下落するではないですが、今後大きく下落
する可能性は非常に高いと思います。



世界経済のことを考えれば、100ドルを切るくらいの水準が丁度
良いと思うのですが、今後市場はどのような答えをだしてくる
のかは米国市場の行方へにかかっていると思います。



サブプライム問題による影響が米銀大手と傘下のヘッジファンド
だけの問題ではなく、政府系の住宅金融公社にまで波及していま
すので、米金融市場の信用不安によって、商品市場へ大きくマネ
ーが流入する動きが活発化する可能性が高いでしょう。



来週も引き続き、米金融大手の決算発表が控えています。今年後
半の動きを占うためにもしっかりと見極めたいところです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 原油

商品先物取引は価格変動が激しい

商品先物取引の価格の変動は株式より激しいため、損得の決着
が早くつきます。それゆえにハイリスク・ハイリターンなのです。



実際に株式投資と比較しても株価の変動は比較にならないほど、
商品先物取引は激しいです。



株式投資で月1~2回程度の取引で資産を増やそうと試みても
よほど元金が大きくなければ投資効率はよくなりません。



商品先物取引を行っていると、株式投資のゆったりとした価格
変動に合わせるのが難しく感じます。



そして、株式でも日計り取引を行うことができますが、商品先物
取引と比較しますと値動きがあまり激しくないので、資金量が大
きくないと利益は小さいのです。



商品先物取引であれば、中部商品取引所のガソリン市場のよう
に、1000万円程度投資して、1日で500万円損得があるというの
も決して珍しいことではありません。



株式など現物取引は価格が2倍になることは、めったにござい
ませんが、商品先物取引では日常のことです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引

商品先物市場の取引の仕組について



実際に商品先物取引には沢山取引の種類がございます。板寄せ
取引、ザラバ取引、実物取引、先物取引、自己取引、委託取引、
ヘッジ取引、投機取引など多種多様となっております。


これらを大きく分けると以下の通りになります。



<売買仕法による区分>

相対売買、入札売買、競争売買など。



<決済形態による区分>

実物取引、先物取引。



<会員・取引員の業務区分>

自己取引、委託取引。



<市場利用形態上の区分>

ヘッジ取引、裁定取引、投機取引。



ちなみに、相対売買は、売り手1人に対して買い手1人という状態
にある1対1の取引です。競争売買は、売り手が複数で、買い手
も複数である状態の取引です。



そして、自己取引は取引所の会員が自社のために行うことをさし
ており、これを自己取引といいます。



取引所の会員以外の一般の人の委託により、取引所の会員の中
で、とくに顧客から取引の注文を受けることで市場に取り次ぐ資格
のある商品取引委員が委託者のために行うのが委託取引です。



最後のヘッジ取引などは、自己取引、委託取引に関わらず、プラ
イスリスクのヘッジや資産運用のために行う取引です。



こうした取引が、取引所にて実際におこなわれているわけですが、
取引自体はいたってシンプルに行われています。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!


※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 板寄せ取引 ザラバ取引

地政学リスクと信用不安で原油高再び

イランやナイジェリアの地政学リスクが高まっていることなどが
影響して11日のニューヨーク市場では再び原油が史上最高値
を更新することとなりました。



先週の時点で、これまでの原油高のえいきょから店頭販売価格
が1リットル=180円台に乗せています。



行楽シーズンを本格的に迎えるにもかかわらず、今年はこれ以
上の消費の拡大は期待できそうにありません。



依然として、史上最高値を連日のように更新する状態が続いて
いますので、このままの状態が今後も継続すると8月に入っても
仕切り価格の引き上げは抑える事ができないと思います。


早い段階で200円台に突入する可能性が高まっています。


ではなぜ、これほどまで、産油量が不足しているのかといえば、
インドや中国などの新興国史上にて、急激な経済成長にともな
い需要が拡大していることがあげられます。



こうした、動きに対して単純に産油量が追いつかないことが今
こうして世界経済を蝕むことになっているわけです。



一年前であれば、1バレル100ドルを越えるといったら、大笑い
されて馬鹿にされたことでしょう。



しかし、今では、150ドル、200ドルを越えるといっても誰もが
下を向いて黙ってしまうような危機的状況にあります。



投機的な資金の流入を規制する当局側の動きも本格化してい
るのですが、こうまで市場が拡大傾向にある中では、そう簡単
にはコントロールすることはできないと思います。



また、ニューヨーク株式市場が金融機関の信用不安から大きく
下落しており、来週以降も商品市場にマネーがシフトされる動き
は継続することが予想されます。



ですので、今後も地政学リスクが収まるまでは、こうした原油
相場の強気な姿勢黙って傍観するしかないようです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!


※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 地政学リスク

リスクヘッジする取引方法について


ヘッジという言葉には、両天秤や、両方に賭けるといった意味が
ございます。簡単にいいますと、二者択一のどちらを選んでも、
プラマイゼロとなるのです。



この手法を商品先物取引に取りいれます。具体的には、現物市
場で買い付けした物は、同時に先物市場で売り付けを行います。



そして、逆に、現物市場で売りつけたものは同時に、先物市場で
反対の買い付けを行います。



そうすることで、市場価格が値上がりしても値下がりしても現物
の損益と先物の損益が相反して発生することにより、損益無し
価格変動リスクを回避出来ます。



ヘッジには「売りヘッジ」と「買いヘッジ」二通りございます。


売りヘッジで、仮に10000円で現物を買付けたとすると、買付け
と同時に、先物市場で同じ値段で売りつけます。



先物市場では現物価格と同値または同値に近い価格が形成され
ており、その後の価格変動も、現物価格と連動的にほぼ並行を保
ちながら変動することとなります。



この売りヘッジでは、仮に価格が3000円値下がりした場合、手持
の現物では3000円の損益が発生しますが、売りつないだ先物で
は3000円の利益が逆にでるので、プラマイゼロ、損益無しです。


反対に値上がりすと、現物では3000円の利益が発生します。


しかし先物では3000円の損失が発生しますので、これもプラマイ
ゼロとなります。そして買いヘッジの場合はその反対で、現物市場
に売りつけたものについて、先物市場で買いつなぐのです。



そこで一つの疑念が生じます。売りヘッジの場合でも、買いヘッジ
の場合でも、取扱現物で損がでたときは、先物の利益で埋め合わ
せることが出来て満足でしょう。



しかし、逆に現物でせっかく利益がでているのに、ヘッジを行った
が為に先物の損で現物の利益が帳消しになるというのは、だれも
納得出来ないでしょう。



これに対しては現実の商売では、つなぎ外しといって、先物市場
でのヘッジ数量を少なくするとか、ゼロにするとか、相場に合わせ
てヘッジの数量を調節します。(ヘッジオペレート)



また、ヘッジの本質は価格変動によるリスクから解放される、プラ
イスリスクを無くすことを目的にしますので、1000買付けた物は
1000買いつなぐのみです。


ヘッジオペレートで失敗すれば損失が発生します。


※ヘッジオペレートは、現物の売買持ち高と「同数量」の反対売買
を先物市場で行うのが基本とします。しかし、相場のトレンド次第
でヘッジ数量比率を変える操作を行う必要がございます。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!


※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

商品先物取引で運用するメリット



昨年後半からサブプライム問題や原油高などによりドル安、株安
の状態が長らく続いたことによって、商品先物取引市場にマネー
が流入し、かつてない勢いで拡大しております。



しかし、残念ながら日本では、商品先物取引に対するイメージが
依然としてあまり良くないので、一般の個人投資家の参加を呼び
かけてもうまくいっていません。



ですので、今回は商品先物取引のメリットについて簡単ではござ
いますが、解説させて頂きたいと思います。



基本的に商品先物取引はFXなどと同様に証拠金取引きのため、
買いからでも売りからでも取引ができます。



利益をあげる仕組はいたってシンプルで、商品の価格が上がる
と判断を下したのであれば買い注文を入れます。



そして当初の思惑通り価格が上昇したのであれば、売ることに
よって利益を得られるわけです。


反対に価格が下がると判断した場合は売りから入ります。


そして思惑通り価格が下落したら買い注文を入れることによって、
その値幅の差額が利益となります。



上述したように商品先物取引は、FXなどと同様に証拠金取引き
であることから小額の当資金でボリュームのある投資ができる
のが大きな魅力とされています。



レバレッジ効果が非常に高いのが特徴です。しかし反対に変動
した分損失となりますので十分注意が必要です。



また、銘柄によっては価格変動が大きいので、短期間で大きな
利益を得られる可能性があります。これは商品先物取引がもっ
とも強みとしているポイントです。


【無料口座開設】 ひまわり証券でデリバティブを始める!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。