スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






OPEC総会まで原油先物相場は調整続く?



依然として、原油価格に動きに対して商品市場全体が大きく影響
されますが、今週末のニューヨーク原油先物相場にて原油価格
は1バレル=114.59ドルで取引を終えました。



前日は120ドル台に再び乗せたので、需要期までに130ドル台で
取引されるといった声も聞かれたのですが、今のところは110ドル
台で推移する展開が続きそうです。



ここ数週間の間にファンドのポジションは大きく減少しているので、
大なり小なりの地政学リスクが台頭するたびに、今後も大きく動く
場面が見られるかもしれません。



しかし、9月にるOPEC総会が開催されるのですが、減産を求める
声が強まる可能性が高いので、増産はなさそうです。



そして新興国の需要が急激に高まったことによって、長期間に渡
り原油価格が上昇したわけですが、中国は北京五輪以降景気が
失速すると予想する声が広がっています。



ですので、今後は需要が大きく低迷する可能性が高いということ
も原油価格の上昇を抑えているようです。



一時期は、一バレル200ドル~300以上で取引されるといった声
もちらほらと実しやかに聞こえてきました。



さすがにそこまで上昇してしまうと代替エネルギーの普及が加速
するだけなので、その前の段階で何らかの対策が講じられると思
いますので現実的ではないと思います。



しかし昨年の今頃であれば、1バレル=100ドル越えると言ったら
大笑いされていたことを考えると、全くないとはいいきれないところ
が相場を予想する上で難しいところです。



また、今現在、底を打ったと断言できる状態ではないので、今後
は短期で押し目を拾っていくのが良いかと思います。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

新興国の需要拡大に期待高まる

ついに今週末、原油先物相場にて原油価格が1バレル=113ドル台
をつけて週末を迎えることとなりました。



こうした背景には、産油国の増産傾向にある中で、先進国の多くが、
景況感が悪化しているため、原油消費が後退するのは時間の問題
と市場にて予想が広がっている点があげられます。



今月に入ってから相場全体が弱気に推移する傾向が強まっている
のですが、まるでそうした動きに呼応するかのように、ニューヨーク
原油先物相場は上下変動が激しさを増しています。



ですので、すでに高値を確認した後の動きと判断すべきなのでは
ないかと思っています。しかし、だからといって、このまま一気に
100ドル台を切るとは考えにくいです。



依然として、地政学リスクがいつ勃発するか分らない状態にあり
ますし、先進国の需要は低迷することが予想されています。しか
し、新興国の需要は依然として拡大傾向にあるからです。



しかし、だからといって、ファンドの資金が需要期を前に流入する
可能性は低いので急に反転することはないと思います。



しばらくは、110ドル台をはさんで、上下変動が続くと思いますので
短期売買で対処しようとする動きが広がりそうです。



やはり、原油価格がこれまで商品市場を大きく引っ張ってきたわけ
ですが、物価がこれほどまでにハイペースで上昇してしまいますと、
必然的に抑えようとする動きが活発化します。



こうした動きが繰り返し行われることにより、相場が形成されるわけ
ですので、あせらずゆっくりと次の大きな投資機会を伺いながら、
小さなポジションで小回りよく挑むべきでしょう。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

ドル高 で 商品市場全般安進む



今週末、ついにニューヨーク原油先物相場が1バレルが115ドル
台にまで下落することとなりました。



こうした背景にはOPEC諸国にて増産体制が整ったことや、景気
後退が世界的に広がっていることによって、個人消費の落ち込
みから需要が大幅に減る点が上げられます。



また、これまであまり大きな効果が期待できないとされていた
CFTCの投機マネーを規制する動きも、ここにきて、予想以上
に好結果を生んでいるようです。


実際にヘッジファンドの利益確定する動きが強まっています。


また大きく原油先物相場を支援していたイランや、ナイジェリア
の地政学リスクも今のところ沈静化しています。やはり、需給
タイト見通しがこれまで強すぎたのではないかと思います。



そして、今週トルコの爆破事故により供給が大きく遅れると報
じられていましたが、状況は大きく改善されました。



今後は、上述したような地政学リスクが高まる可能性が低いと
思いますので需要期までどの程度下落することになるのかに
対して注目が集まると思います。



一時は1バレル=200ドルもあるなどといった声も聞かれていた
だけにまさか、このような事態になるとは思いませんでした。



原油先物相場が改善されたことや、日本や欧州で景気後退の
動きが広がっていることから、ドルが買われ始めています。



今週末、ニューヨーク外国為替市場では1ドル=110円までドル
高が進んでいるので、今後さらにドル高が進むのであれば原油
先物相場を押し下げる大きな要因となりそうです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

商品先物取引市場を動かす要因とは



これまで歴史的な高騰を続けてきた原油先物相場に規制が入り、
景気後退から需要が減少するため低迷しています。



そんな中、今回は商品先物取引市場において相場を動かす要因
について簡単ではございますが解説させていただきます。



商品先物取引市場にかぎらず、多くの金融商品において相場という
ものは人間の心理が大きく影響されます。



ですので人間は、その時々で置かれた状況により、どのような行動
を起こすのかといったことを先回りして考える必要があります。



そうすることにより、はじめて商品先物取引でテクニカル分析、ファ
ンダメンタルズ分析がより生きることとなります。



そうはいっても、そんな面倒なことをいちいち考えてやってられない
と、思う方も多いと思います。



そして、上述したことがわからなければ投資では勝てないということ
は決してありませんが、理解できれば協力です。



例えば、商品先物取引市場にて原油価格がの突然の暴落によって
大損失を被った人が多ければ多いいほど、相場が戻ったら売りたい
人が多く控えており、大きな戻りにはならない場合が多いわけです。



ひたむきに突進するのも悪くはないと思うのですが、商品先物取引
市場における相場の地合いを読むことは重要です。



もし商品先物取引市場において相場の地合いがよく、いけると思う
のなら、すかさず行かなければなりません。



ですので、反対に失敗したと思ったら、すかさず損切りをして次の
チャンスを辛抱強く待つことも必要です。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

しばらくは下値を探る展開が続く

これまで米金融市場の信用不安により、米国株式市場は大きく
低迷することを余儀なくされていました。



しかし、これまで頑なに公的資金の投入を否定してきた米金融
当局は、金融機関の救済目的のために公的資金を投入するこ
とを可決することとなり、金融不安の一掃につとめます。



この結果、株式市場に資金がシフトされる動きが少しずつ出始
めていますので、こうしたことから1バレル=150ドルを目指す
展開を期待する声は後退しています。



また、これまで大きく原油価格が高騰したことによって、消費が
大きく後退したことから、それにともない需要も低下してます。



実際に、ニューヨーク原油相場が120ドル台まで下落すること
になったのですが、米国のガソリン在庫が減少したことが発表
されたことによって切り返す動きを見せています。



今後も、地政学リスクにより上昇に転じる場面は見られるかも
しれませんが、基本的には需要回復に向かわない限り、大きく
上昇に転じる可能性は低いと思います。



一方、8月に仕切り価格引き上げが発表され、業転価格は荷余
り傾向や原油価格の動向を反映して下落しています。


しばらくは、下値を探る展開が続くことになりそうです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 地政学リスク

原油の受給情報を入手するには?


これまで、投機マネーの後押しで強気なまでに原油高が続いて
いたわけですが、1バレル=120ドル台にまで下落しました。



世界的な景気後退から今後は需要が減少するため、在庫状況
が改善されたことによる影響が高いわけです。



大統領選挙が激化している今、米国内でも原油の増産を望む声
が大きく高まっているようです。米国内の原油、石油製品在庫の
増減についての情報の入手先は以下の通りです。



■EIA(米エネルギー情報)
http://www.eia.doe.gov/



■API(米石油協会)
http://www.api.org/


■石油連盟(原油・石油製品供給統計週報)
http://stats.paj.gr.jp/jp/pub/index.html



上述した2つの機関から米国内の原油、石油製品の週次の需給
動向が毎週水曜日に発表されております。


今現在、市場ではEIA在庫統計結果が注目されております。


EIAは米エネルギー省=DOEの統計機関で、エネルギーデータ
の分析を中心に予測を行っています。


話は戻りますが、NY原油は米国内のみで消費される原油です。


ですので日本で使用される原油とは品質、性状が根本的に大き
く異なり、NY原油価格は、指標価格として用いられています。



一方、日本で用いられているものはドバイ原油・オマーン原油と
いう中東産原油が中心となっております。



こうしたことから、東京工業品取引所には、ドバイ・オマーン原油
の平均価格が東京原油として上場されております。



東京原油は、為替や日本国内の需給バランスにより価格が決ま
るので、指標価格であるNY原油価格にある程度連動はします。



最後の石油連盟(原油・石油製品供給統計週報)日本国内の需給
状況についての情報が配信されております。



【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。