スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






株の信用取引に無い商品先物のメリット


商品先物取引について解説されている書籍やマネー誌で商品先物
取引と株の信用取引の類似点について触れています。



こうした背景には、商品先物取引が証拠金取引であるという点と、
売りと買いの両方の取引を行なえる点があげられます。



事実、商品先物取引は少ない資金で非常に大きな取引が出来ます
が、この点に関しては株の信用取引とは比較になりません。



信用取引の場合は証券会社におさめた担保の最大3倍までと決ま
っているのですが、商品先物取引の場合は30倍前後あります。



ですので、商品先物取引のほうが株よりも圧倒的に投資効率が高い
のですが、その反面損失を被る場面では大きな損失を被ります。



次に売りと買いの取引についてですが、株の信用取引の場合は、空
売りすると手元にない株を売ることになりますので、売りポジションを
建てている間は金利を支払わなければならなくなります。


これにより、時間が経てばたつほどコストがかさむこととなります。


一方、商品先物取引の場合は、売りでポジションを建てても手数料
などが発生するといったことは一切ありません。



商品先物取引の場合は、基本的に商品を借りたり貸したりしながら
取引を行なうわけではなにので手数料が発生しないのです。



そして、取引の期限に関してですが信用取引の場合は銘柄に関係
なく一律となっているのですが商品先物取引の場合は銘柄によって
異なりますので、この点に関しては注意が必要です。





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

エネルギー関連の節約方法について


ようやく原油価格が1バレル=50ドル台にまで下落したことにより、
今年の冬は、原油価格の高騰に苦しめられた昨年とは異なり、身も
心もあったかく過ごすことができそうです。



しかし、だからといって安心はできません。株式市場や外国為替市場
の動きに牽引されるように乱高下が激しい相場が続いています。



今後、中短期で乱高下の激しい値動きが予想されえいるだけに、常に
節約とリスクをヘッジすることを心がける必要があります。



今回は、商品先物取引とは少しはなれて、エネルギーの節約について
誠に簡単ではございますが開設させて頂きたいと思います。



ガソリンが高騰しているのであれば車の利用をできるだけ抑えるため
に歩き、もしくは自転車を利用します。また、遠出する場合にはバス
や電車を利用することで節約することができます。



しかし、実際に車を利用して仕事をされている方の場合は死活問題と
なるため、そんな悠長なことをいってられません。



おすすめなのが石油元売り会社が提供している会員向けのサービス
です。これを利用すればガソリン代が割引となるのです。



例えば、月に5万円程度ガソリン代がかかっているのであれば、年間
60万円掛かることになります。



しかし、会員向けサービスを利用することで1リットル=2円程度安く
なると年間にすると馬鹿に出来ない金額が節約できます。



たとえば、もし原油価格の値動きが落ち着いたと仮定して年間を通し
て1リットル=120円と仮定した場合は以下の通となります。


60万円÷120円×2円 =1万円



「たった一万円」と思わないで下さい。実際にこうしたことを日常生活
のいたるところで利用すれば大幅に節約することができます。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ガソリン

実際に売買するのが一番の勉強法


商品先物取引に限らず株などのリスク商品に投資するのでも同じ
ですが、やはりある程度知っている分野からはじめるべきです。



仕事や趣味に関連している銘柄らであれば、それほど苦もなく色々
と調べることも出来るので優位に取引できます。



とはいっても、商品先物取引の場合は株式のように数千もの銘柄が
上場しているわけではないので、限りがあります。



実際に仕事で貴金属を扱っている方はそれほど多くはないでしょう
し、趣味で有機野菜を栽培されている方も少ないと思います。



そして、銘柄一本に絞り込んだ上で商品先物取引について色々と
勉強したとしてもかならず勝てるとは限りません。



ですので、小額でもいいから多くの銘柄で実際に売買しながら経験
を積みあげて自分にあった銘柄を見つけることが大切です。



しかし、商品先物取引は投資倍率が高いので小額から投資すること
ができますが、リスクも大きいので0以下に成る可能性があります。



ですので、投資を始められる方の中には株など他の金融商品を取引
することからはじめて、満足な取引が出来るようになってから商品先
物取引に移行しようと考える方が少なくありません。



しかし、前述したとおり株式には数千もの銘柄が上場しているので、
自分にあった銘柄を探すなどといったことは不可能です。



確かに株式投資の場合は信用取引さえ行なわなければリスクを限定
することができます。そして、好きなだけ購入した株を保有することが
できますが、かえって塩漬け株を生む要因となります。



そして、最終的に大きく元本を割り込んで仕方なしに売却することに
よって初めてリスク管理の重要性を知ることになります。



リスク管理さえ徹底することができれば、商品先物取引でも株式投資
でもリスクを抑えて相場に挑むことが出来ます





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。