スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






商品先物を始める際の注意点について

まず、実際に商品先物取引を始めるにあたって、商品先物市場に上場する各銘柄に
ついて、それぞれの特徴を把握する必要があります。



主な理由としては、商品先物市場に上場する銘柄の場合は株式などと異なり、季節や
習性に影響されるが銘柄が多い点があげられます。このため、商品先物取引ではファン
ダメンタルズが他の金融商品に投資する以上に重要とされているわけです。



テクニカル分析も勿論重要ですが、ファンダメンタルズを無視してテクニカル分析だけ
で売買しようとしても、ダマシにあいやすいですので注意が必要となります。



例えばゴムだったら今年の生産予想や需要予想はどの程度なのか?また、コーン
あれば主要生産地のブラジルの気候はどのような状態で、現地の価格はどのくらい
なのかといったことを事前に把握する必要があります。



こうした情報は今では全てインターネットで調べることができます。こうした情報をもと
に投資ストーリーを描きながら実際に投資判断を下します。



商社マンのようなグローバルな情報や知識は必要であはありません。しかし、もし、
金に投資するなら金についての特徴は事前に把握すべきです。金投資に関する専門
の書籍が販売されていますので、最低でも1冊は読み込まれるべきです。



勿論、インターネットを利用すれば色々な情報を入手することもできますが、基本的
には抜粋情報なので、物足りない部分もあると思います。



本格的なファンダメンタル情報を入手したいのであれば、フジフューチャーのような
専業業者で取引口座を開設して有料サービスを受けるのも一つの手です。





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物市場

商品先物取引でのテクニカル分析

テクニカル分析商品先物取引だけではなく投資する上で非常に重要な指標ですが、
具体的にどういった点で優れているか理解している人は少ないと思います。



ですので、今回はテクニカル分析の特徴や、テクニカル分析によって明確すべき点を
誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。



まず、基本的に商品価格は天候や世界経済などありとあらゆ諸条件によって構成され
ますので、本来、商品先物取引でははファンダメンタルズが重要とされています。



しかし、相場の動きを構成する様々な諸条件をテクニカル指標に反映するので、価格
の動きを追うだけでもそれなりの取引ができます。もちろん、だましや、大きく変動
する場面を乗り切るためにもファンダメンタルズと併用すると効果は上がります。



また、テクニカル分析を長期間にわたって行うことで相場のある一定パターンがみえ
てきます。これは人から教えてもらっても理解できません。



医者がレントゲン写真をみて病状や怪我の具合を判断するようなものです。優れた人
の場合は機械が見逃す点も見逃しません。しかし、見えない人には全くみえません。



おなじように、テクニカル分析を行うことで一定のパターンを見分けることができる人は、
パターンのよって予想通りの結果となる可能性が高いのです。



そして、歴史は繰り返すではありませんが、1年、3年、5年、10年といった具合に区
切ると同じようなことが繰り返されていることに気がつきます。このパターンの変化が
繰り返される理由は人間心理が普遍的な点が上げられます。



テクニカル分析は非常に奥が深いです。また、上述したとおり、すぐに効果的な分析
が行えるわけではありません。長期間にわたって継続して行うことで身につきます。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引

商品指数ファンドの構成変更に注意する

今現在、イランやイスラエルの中東問題をはじめとした地政学リスクによる相場の変動
が常に警戒されています。明日にでも戦争が開始される状況には無いとはいえ、場合
によっては中東戦争に発展する可能性も否定できません。



こうした状況下ではリスクを回避するために長期スタンスで商品相場に買いポジション
を持つ商品指数ファンドの投資ウエートは必然的に変わります。



これまで商品指数ファンドは、今の時期には、投資ウエートに対する見直しや、新たな
資金が投入されるといった噂を背景に、商品相場の大きな材料になることが少なくない
ので、もし迷われている場合は商品ファンドを参考にされると良いかもしれません。



しかし、注意しなければならないのは、大口は相場を混乱させるために投資ウェートを
いじりますので、しっかりと見極める必要があります。



実際に以前も米投資銀行大手のゴールドマン・サックスがその商品指数GSCIで07年
トウモロコシ投資ウエートを前年から引き下げました。



しかし、その後に大豆のウエートを引き上げたことによって穀物相場に大きな影響を与
えることとなりました。商品市場は株式市場や外国為替市場ほど大きくはありません
ので、こうしたことにより大きく変動することになります。



一般の投資家はなぜこのような極端な動きをするのか時間がある程度経過しないと分
かりませんので不利な状況にあります。実際に、商品指数ファンドは指標として役に立
つこともありますが、混乱させる要因にもなります。



そうはいっても、やはり、商品指数ファンドは>:商品先物取引を行う上では無視すること
はできませんので、しっかりと確認する必要があります。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 大豆

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。