スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






商品先物取引のリスクの高さについて


商品先物取引は、ある意味で究極のハイリスク、ハイリターンな取引なので、もし、取引に成功
すればとてつもない利益を手にすることができます。



しかし、反対に失敗した時の損益もまた非常に大きいことから、早めに相場に見切りをつける
必要があります。基本的に株式投資、外貨投資と同じく先物取引も儲かるか損するかの二つ
しかなく、どちらを手にするかは個人の相場予測能力にもよりますが運も大きく左右します。



繰り返しになりますが、もし相場が損失に向かっていると判断出来る場合は、迷わずに相場を
見切ってポジションを整理しなければなりません。また、反対に利益が出そうだと判断出来る
場合は、とことん利益を最大限に追求しなければなりません。



特に、商品先物取引はリスクが株式投資、外貨投資とは全く比較にならないほど高いのです。
なので、投資額の1割、2割程度の利益を狙っても精神的な労力にみあいません。



リスクが極端に高いので、少なくとも二倍以上の利益を求めて取引する必要があるのですが、
上述したことから、もし、実際に取引を行なって「自分には合わないな」と少しでも思われた方
は絶対に先物取引は行わないほうが良いです。



無理は絶対に禁物です。商品先物取引は証拠金取引のため小額の投資金でボリュームある
トレードが可能ですが、仮に損失が膨らむと損失分をを取り返そうと無茶をします。



自分自身をコントロールできなくなりますので、さらに傷口を広げることになります。ですので、
絶対にやってはいけません。一時期、原油高によりインフレかが極端に進み、お金の価値が
急速に下がりましたが、今ではデフレ化に転換したことから、お金の価値が高まってます。



ですので、商品先物取引の市場が世界的に拡大しています。今後数年間で大きな局面を迎
える可能性がありますので、商品先物取引のリスクをしっかりと学んだ上で商品先物取引を
はじめるには良い時期にあるのかもしれません。






スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・OP
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引 先物取引 証拠金取引

資源国としてのアフリカに期待高まる


今現在、歴史上過去に例がないほどアフリカが注目されています。商品先物取引市場でも、存在
感が増しています。BRICsに続くエマージングカントリーとして有力視されております。



こうした背景には、資源供給の面で、アフリカの評価が高まっているため、先進国から資源国への
所得移転の額はここ数年で飛躍的に拡大することとなりました。



いま現在、世界経済の中心が新しい国に移りつつあるようです。また、アフリカ諸国のGDPの4割
を占める経済大国が南アフリカで、同国の代表的な産業として鉱物資源があります。



しかし、かつての中国そうだったように、鉱業の割合は年々低下してあり、サービス産業と製造業
が同国の経済を支えています。今後、中国経済がさらに成長することとなれば、それにともなって
労働賃金が高騰した場合、中国に続く生産拠点として期待されています。



日本は、アフリカ諸国と良好な関係を築く上で、かつてのような購買力はないので、世界の中での
日本の存在感の希薄が非常に心配されるところです。



中国のように積極的に関与していく姿勢が望まれるところですが、国内景気がこのような状態では
厳しいかもしれませんが、かつてはODAを積極的に行なったことで存在感を示すことができました。



しかし、今ではそれができないので、外交面でも投資の面でも非常に厳しい舵取りを余儀なくされ
ることが予想されますが、いい意味で米国依存から離れる良い機会だと思います。






テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引

情報に依存するような取引は控える


商品先物は世界情勢に大きく影響されますので、ファンダメンタルズが非常に重要視されますが、
一般の個人投資家の場合はロイターやブルームバーグなどから配信されるニュースから得られる
情報で十分だと思います。それ以上のものを入手しようとすると惑わされることになるからです。



かえって商品先物取引自体が難しくなってしまいます。勿論、言うまでもなく情報は重要なので
すが、インターネットの普及によって、かなり高いレベルの情報を入手できるようになりました。



その反面、意図的にコントロールしようとした、嘘の情報も沢山流れています。ですので、これは
まだ、誰も知らないだろうというような情報を仮に入手できたとしても、周りには、その情報自体
が真実なのか嘘なのかを判断するための指標のようなものがありません。



実際に入手した情報をもとに取引した後で、嘘か本当か分かるわけです。本当であれば問題は
ないのですが、嘘の情報をつかまされてしまったがために商品先物取引で大きな損失を被って
しまうことになっては、本末転倒ですので、この点に関しては十分注意が必要です。



ですので、完璧な情報はないということを事前に心得たうえで、インターネットなど身の回りにある
情報源を上手く利用して、情報に依存するような商品先物取引は控えましょう。






テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引 ファンダメンタルズ ロイター ブルームバーグ

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。