スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






コモディティCFDの特徴と魅力について


商品先物取引の魅力は値動きが大きいのでボラティリティが非常に大きな点です。短期間で大きな利益
をあげることが出来る反面、証拠金が少ないと瞬時にロスカットとなります。


小額の資金で運用するといったことができないので、一般の個人投資家には不向きとされていました。
こうした商品先物取引のマイナス点を補ってくれるのがコモデティティCFDです。


コモディティCFDはFXを取引するような感覚で金や原油、大豆、小麦などのコモディティを取引することが
できます。また、商品先物取引のように値幅制限がないので、さらに大きな利益を狙えます。


少ない資金を有効に活用しながら取引できる点がコモディティCFDの最大の魅力です。コモディティCFD
のメリットはこれだけではありません。取引するうえでファンダメンタルズの影響が小さい点も魅力です。


FXの場合は投資対象が通貨ですので、各国の経済情勢によって通貨が買われたり売られたりします。
このためファンダメンタルズを無視することが出来ませんが、金や原油は一国の経済に左右されません。


確かに外国為替市場のように市場規模が大きくありませんので、投機的な動きが強く、極端から極端に
動く場合は少なくありませんが、この点はデメリットでもあり最大のメリットでもあります。
コモディティCFDは敷居が低いので今後人気化することが期待されます。





スポンサーサイト

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : コモディティCFD

アビトラージという取引の仕組について


ドバイショックにより損失補てんのために中東諸国だけでなくロシアも増産する動きが活発化すると予想
されていたんですが、依然として原油先物相場は高い水準にあります。


依然として商品先物市場が強い状態にあるので、しっかりと次の投資機会に備えたいものです。そうした
なかで今回はアビトラージという取引方法について解説させて頂きたいと思います。


商品先物取引に限らず投資活動におきましてはリスクを軽減する方法として、ある銘柄を買うと同時に、
他の銘柄を売るという組み合わせ取引を行います。例えばニューヨークのガソリンの価格が、日本の
ガソリンの価格とかけ離れた場合、高い方を売り、安い方を買います。


こうした取引をアビトラージ(裁定取引、鞘取り)といいます。なぜこのような同じものの価格に差が生じる
かといいますと、双方の価格には、時間の経過と為替の変動があるからです。


このため、金の価格が厳密には同じ価格になるまでさほど時間は要しません。ですので、日常的に投資
活動を行っていても上述したことを見極めることはほぼ不可能なこととされております。


したがって、アビトラージ(裁定取引、鞘取り)を行うのであれば、緻密に投資戦略や分析を行うよりも、
価格差が生じた場合には、感覚的に見極めることが必要とされます。


例えば、大豆とトウモロコシの価格差、ガソリンと灯油の価格差など、相関性の高い銘柄間の価格比較や、
当月と先限の直先差の変動などに着目することになるわけです。こうした差が、通常より大きくかけ離れた
時に仕掛けます。そのためにも常に相場の状況をチェックする必要がございます。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : アビトラージ

商品先物取引の簡単な記録をつける


依然として商品市場の調整が続いているので、一時の勢いが落ち着いて全般的に低迷した状態が続い
ていますが、ふたたび上昇局面に転じるさいの見極めが重要です。


しかし、損切や、目標利益をいくら頭の中で思い描きながら売買を行おうとしても規律あるトレードが行え
ません。いつも、気持ちが揺さぶられることで、相場の早い動きに翻弄されることとなります。


ですので、面倒かもしれませんが、現在の価格、目標価格、目標利益、損切価格だけでも書面上に記録
することをおすすめします。また、損切りラインに関しましても、一度決めた損切ラインは必ず守ります。


意味もなく変更してはいけません。必ず実行してください。簡単にコロコロ変えてしまうと、せっかくの売買
ルールの意味がなくなってしまいますので、余計に相場に翻弄されることになります。


変更する場合はトレードをある程度積み重ねた上で必要性を強く感じた場合のみ変更してください。そして、
当日のトレードが終わりましたら、メモ程度のもので結構ですので、取引の記録をつけてください。


こうした記録を当日の相場のコメントを添えてつけておくことで将来、同じような相場に遭遇した場合、同じ
ような間違いを犯さなくなりますので、大きな学習効果がございます。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引

ドバイショックの二次災害に注意する


前日に発表された日銀短観は「業況感改善・設備投資下方修正」となったことから、マーケットでは日銀
の追加緩和の思惑が一気に広がような展開にが期待されていましたが、現実には起こりませんでした。


それよりも、マーケットで注目を集めているのは短期的には本日償還日を迎えるドバイ関連企業の社債
の 償還に集まっています。一方、アブダビからのドバイに対して100億ドルの支援を発表されました。


これにより、最悪の事態は免れたと考える向きが広がっています。基本的にアブダビが狙っているのは
ドバイの優良資産です。しかし、日本のように優良資産が不良資産になることもあります。


ですので、楽観視することは危険すぎます。まだ2週間の猶予期間がありますが、もし償還が延期され
れるようなことになれば投資家心理に大きな影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。


これまでドバイで過剰に投資した分、期待値以上に回収することができないと判断した場合は資金調達
のために持っている資産を投売りする可能性が十分にあります。


また、産油国は資金を得るために原油を増産せざるえないかもしれません。そうなると原油価格は下落
します。実はドバイショックに関してはリーマンショックの後に発生しているので鈍感になっています。


本来であれば大騒ぎしても良いところなのですが、すでにトーンダウンし始めています。こうした状況が
一番怖くて、そうったところを狙ってとんでもない問題をぶつけてくる可能性も十分あります。ですので、
これまで以上に慎重に取引する必要がありそうです。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 原油

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。