スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






穀物相場下値模索する展開へ




昨晩の米国市場にてFRBが緊急利下げを発表したのですが、
依然として、米景気後退懸念が沈静化する気配がありません。



また、これまで、原油、金が商品市場を牽引する形で上昇を続け
ておりましたが世界中の資金がリスクを回避するために債券市場
にシフトされており、商品市場全体に調整圧力が強まってます。



そんな中、南米最大の大豆の生産国であるブラジルは、アルゼン
チン産地とは異なり、天気の方は良いようです。



こうしたことから、天気が良好をキープすれば、過去最高の豊作
が期待できる上にシカゴ大豆にもいい意味で圧力をかけれます。



また、昨年まで、毎週大量の米国産大豆を買い付けていた中国
ですが、ここまで価格が上昇してしまうと、積極的な買い付けを
手控える傾向が強まっているようです。



このため、買い付けが鈍っていることから、米国産大豆の輸出需
要減退の兆しが高まっているようです。



事実市場では米国産大豆の需給ひっ迫感が強まることが予想さ
れており、相場は前倒しで高値を付けることになったわけですが、
実際には予想を下回る弱材料が出されることとなりました。



米農務省から発表された需給方向では、25億9,400万buから、
小幅ながら下方修正されることとなりました。



また、米国経済の景気後退局面入りを懸念して主要国株価が軒並
み暴落していることから、穀物需要の減少が買い方の手じまい売り
が先行する展開となっております。



追加利下げがFOMCが開催される前に前倒しでおこなわれたこと
により、今後は金融不安が沈静化するまでは、下値を探る展開が
見込まれることになります。


ですので、不用意に買いポジションを増やすのは危険です。




応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。