スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






原油需要の低下が加速する可能性


先週は、OPECやIEAの双方から世界的な景気後退により需要が
減るとの見方が強まり原油需要見通しを下方修正しています。



中国をはじめとした新興国市場では経済成長にともなって需要は
今後も継続して伸びると予想されいるのですが、それ以上に先進
国の需要が後退すると予想されています。



一方で、米国では景気減速の影響からか製品の販売が不振に陥
っているため原油の在庫は増加傾向にあるようです。



こうしたことから、消費国から執拗に原油増産を迫られても、頑な
に原油の流通量は十分な状態にあると主張してきたOPEC側の
言い分がある意味正しかったことになるわけです。



なので、これほどまで高騰した背景には投機的マネーが一方的
に流入したことによる結果だと思います。



実際に、これまでイランやトルコ、ナイジェリアなどの国々よる地政
学リスクが台頭するたびに大きく値をあげてきているので、今後は
沈静化に向かう可能性が高いです。



週後半には、1バレル=120ドル台後半につけているので、急に
あがった相場は急に下落するではないですが、今後大きく下落
する可能性は非常に高いと思います。



世界経済のことを考えれば、100ドルを切るくらいの水準が丁度
良いと思うのですが、今後市場はどのような答えをだしてくる
のかは米国市場の行方へにかかっていると思います。



サブプライム問題による影響が米銀大手と傘下のヘッジファンド
だけの問題ではなく、政府系の住宅金融公社にまで波及していま
すので、米金融市場の信用不安によって、商品市場へ大きくマネ
ーが流入する動きが活発化する可能性が高いでしょう。



来週も引き続き、米金融大手の決算発表が控えています。今年後
半の動きを占うためにもしっかりと見極めたいところです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 原油

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。