スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ドル高 で 商品市場全般安進む



今週末、ついにニューヨーク原油先物相場が1バレルが115ドル
台にまで下落することとなりました。



こうした背景にはOPEC諸国にて増産体制が整ったことや、景気
後退が世界的に広がっていることによって、個人消費の落ち込
みから需要が大幅に減る点が上げられます。



また、これまであまり大きな効果が期待できないとされていた
CFTCの投機マネーを規制する動きも、ここにきて、予想以上
に好結果を生んでいるようです。


実際にヘッジファンドの利益確定する動きが強まっています。


また大きく原油先物相場を支援していたイランや、ナイジェリア
の地政学リスクも今のところ沈静化しています。やはり、需給
タイト見通しがこれまで強すぎたのではないかと思います。



そして、今週トルコの爆破事故により供給が大きく遅れると報
じられていましたが、状況は大きく改善されました。



今後は、上述したような地政学リスクが高まる可能性が低いと
思いますので需要期までどの程度下落することになるのかに
対して注目が集まると思います。



一時は1バレル=200ドルもあるなどといった声も聞かれていた
だけにまさか、このような事態になるとは思いませんでした。



原油先物相場が改善されたことや、日本や欧州で景気後退の
動きが広がっていることから、ドルが買われ始めています。



今週末、ニューヨーク外国為替市場では1ドル=110円までドル
高が進んでいるので、今後さらにドル高が進むのであれば原油
先物相場を押し下げる大きな要因となりそうです。


【スタ─アセット証券】 I・トレードで商品先物取引を!



※商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。