スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ドバイショックの二次災害に注意する


前日に発表された日銀短観は「業況感改善・設備投資下方修正」となったことから、マーケットでは日銀
の追加緩和の思惑が一気に広がような展開にが期待されていましたが、現実には起こりませんでした。


それよりも、マーケットで注目を集めているのは短期的には本日償還日を迎えるドバイ関連企業の社債
の 償還に集まっています。一方、アブダビからのドバイに対して100億ドルの支援を発表されました。


これにより、最悪の事態は免れたと考える向きが広がっています。基本的にアブダビが狙っているのは
ドバイの優良資産です。しかし、日本のように優良資産が不良資産になることもあります。


ですので、楽観視することは危険すぎます。まだ2週間の猶予期間がありますが、もし償還が延期され
れるようなことになれば投資家心理に大きな影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。


これまでドバイで過剰に投資した分、期待値以上に回収することができないと判断した場合は資金調達
のために持っている資産を投売りする可能性が十分にあります。


また、産油国は資金を得るために原油を増産せざるえないかもしれません。そうなると原油価格は下落
します。実はドバイショックに関してはリーマンショックの後に発生しているので鈍感になっています。


本来であれば大騒ぎしても良いところなのですが、すでにトーンダウンし始めています。こうした状況が
一番怖くて、そうったところを狙ってとんでもない問題をぶつけてくる可能性も十分あります。ですので、
これまで以上に慎重に取引する必要がありそうです。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 原油

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。