スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






1ドル=50円台時代をどう生きるか?


先日テレビ朝日の人気番組の一つである報道ステーションで「円高特集」が組まれていたのですが、
ゲストとして出演されていた浜矩子さんが1ドル=50円台突入について力説していました。



確かに実効レートからみれば1995年に1ドル=79円をつけたときと現在の状態を比較すると50円台
まで円高が進む余力が十分にあります。問題はそうなるとどうなるか?。



日本の輸出企業は海外に出て行かざるえません。そうなると産業の空洞化が一気に進みます。それ
を埋めるために内需を拡大して国内経済の安定化を図る必要があります。



浜さんは急速に疲弊するだろう地方経済を支えるために地域通貨を発行して、地域間で産業を支え
て近い将来の恐慌を乗り切れと提唱しておりましたが、具体性に乏しいのは否めませんでした。



多くの企業経営者は政府・日銀に為替介入を行うことを望んでいますが、欧米が自国の経済を守る
ために通貨の切り上げ合戦をやっている状況下では、自力の為替介入では効果は期待できません。



また、為替市場も先物やオプションが急速に拡大(家庭の主婦がFXで為替を取引する時代ですから)
したため1995年当時と今現在のマーケットの規模は比較にならないほど拡大しています。



ですので、現実のものとなる可能性が高いように思います。そうなると日本には大量に海外から
安価な商品が流れてくることとなり、さらにデフレ化が進むことになりそうです。



過去数年間、インフレが急速に進むことを懸念されていましたが、どうやら世界的なデフレ化が
進む可能性の方が高く、商品先物の取引もこの点を考慮して行う必要がありそうです。





さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。