スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






証拠金取引の売りと買いの仕組みについて



NY金がついに1オンス=1400ドルに到達し、史上最高値を更新しました。


米国経済と米ドルの信用が落ちているため、現物資産へ資産をシフトする動きが依然として
高いようですが、1日で40ドルも下落したりします。



けっして金投資=安全というわけではありません。


乱高下が激しいので十分注意が必要です。


商品先物取引はハイリスク・ハイリターンな取引です。


レバレッジ効果の高さがそうさせています。


ここでいうレバレッジとはテコの原理のテコをさします。


つまり、小額の資金でも大きな取引を行なうことができるわけです。



実際に商品先物取引では、ある銘柄を買うにあたって、その商品代金の総て用意する必要は
ありません。ここが株の現物取引とは大きく異なります。


一方、将来的に買った銘柄を売るにあたって取引の対象となる商品を保有する必要はありません。


基本的に総代金の5%~10%程度を、各商品ごとに設定されている委託証拠金を売買の仲介者
である商品取引員に納めます。ここでいう委託証拠金は担保のことです。


担保である委託証拠金を納めることで、取引会社を通じて商品取引所での売買に参加できます。


例えば、分かりやすく金が1グラム=1000円だと仮定します。


この状況で貴金属商にて金1キログラムを購入するとしたら100万円必要です。


反対に売る場合は1キログラムの金を実際に商品取引所に運ばなければなりません。


しかし、商品先物取引の場合は委託証拠金を納めることで100万円用意する必要がないのです。


この点が商品先物取引の大きな魅力の一つです。


例えば、金の証拠金を10%と仮定した場合、10万円と仲介費用にあたる委託手数料を加えれば
商品取引委員に納めることによって売買契約が成立します。






テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 商品先物取引

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。