スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






先物取引の基本と仕組みについて


基本的に先物取引は、先渡し取引(フォワード)に対し、英語でフュ
ーチャーズ(Futures)と読んでいます。


先物取引は、先渡し取引の欠陥を補う為に考案されました。


先渡し取引は、その契約関係が特定者による個別相対の売り手
と買い手の連鎖状になっているのです。



ですので、そのチェーン一角がメンバーの破綻等により断ち切れ
ると、一連の全ての取引が決済不能に陥る所に問題があります。



それで先物取引では、この特定者によるA対B、C対Dなどの将来
にわたる個別総体の売り手と買い手の契約関係を、契約当初から
断ち切る仕組みにすることになったわけです。



この切断方法は、個別の売り手Aと買い手Bの間に、取引所やクリ
アリング・ハウス(清算会社)などの第三者が買い手となります。



そして、買い手Bに対しても同一第三者が売り手となって、A対Bの
個別相対の契約関係を切り離してしまうのです。



そうなると、Aが破綻しても契約の相手方は第三者機関が不特定
の集団となりますので、当初の相手方のBに対しては、ほとんど
被害がおよばないことになるわけです。



問題は、被害が及ぶのは第三者機関か集団の相手方(被違約者)
となるのでこの第三者機関がしっかりした清算・担保システムを構
築しておかなければならないことです。



クリアリングハウスや、日本の商品取引所は、この清算・担保機能
が巧妙に構築されております。





テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 先物取引

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。