スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






テクニカル指標の読み方について


チャートなどのテクニカル指標を用いてテクニカル分析を行なうことで相場の動きを読
むことができます。ですので、テクニカル指標は商品先物に限らず的確な投資判断を
くだす上で非常に重要なツールとなっています。



実際に、テクニカル指標には色々な種類が豊富にありますが、単体でもちいるよりも
複数のテクニカル指標を用いるほうがより正確性が高まるとされております。



ですので、今回は基本中の基本とされるテクニカル指標の平均足の使い方について
誠に簡単ではございますが解説させて頂きたいと思います。



平均足とは通常のローソク足を形成するのにもちいられる四本値(寄付き、高値、安値、
引け値)を、それぞれ平均化することによって足型やパターンなどから相場の状態を量
ります。平均足は、いわゆるトレンド追随型のテクニカル指標です。



平均足の基本本数は3本となっており、日足なら3日平均足となり、3日間の四本値を
平均した足となってます。各足の見方は陽線は買いで、陰線は売りです。



特に陽線に転換した後に高値を更新しているのであれば、ここ3日間の動きは上向き
であることから上昇度合いが加速中であることを示していることから確実性が高まる
こととなります。また、陰線に転換した場合は上述したことの反対となります。



そして、通常、転換した平均足は継続する傾向にありますので頻繁に陽転換・陰転換
を繰り返す相場状況の時には、指標としての確実性が低下することとなりますすので、
この状態では的確な投資判断を下すのが難しいわけです。



なので、この状態ではトレードを一切しないと決めてしまうのもに限らず投資
をする上では一つの有効な手段です。やみくもにトレードする必要はありません。



また、平均足が短くて太線になった場合、将来てきに変化が近いこととなり、その他
の足型では、孕み型や抱き型、タクリ型、トウバ、トンボは転換暗示の可能性が高ま
りますので、しっかりと相場を見極める必要があります。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : テクニカル分析

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。