スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






先物の転売買戻しの仕組みと方法について


商品先物取引の売買は株式と異なり、一見すると非常に複雑に感じてしまうかたが多いようです。です
ので商品先物取引はリスクの高い取引と思われてしまうようです。


基本的に日本の商品取引所法で定義されている先物取引とは、「商品の転売又は買い戻した際は差金
の授受によって決済することができる」と規定されてます。


こうしたことから先物取引以外の取引で「転売買い戻しによる差金決済はできない」のです。 先物取引
での転売買い戻しは、現物の受け渡しとは関係ありません。一般の金融商品ではありえませんね。


こうしたことから、先物市場で売りつけ、あるいは買付けたものに対して、それが決済期日前のものなら
ば、売りつけたものは買い戻し、買い付けたものは転売することができます。


しかも、転売買い戻しによって発生する差損益を授受するだけで取引を終了することが可能となっており
ます。 このような取引が可能とされている要因としては先物市場では、そのルール上、個別相対の売買
の契約が切断されます。ですので第3者機関を通じて集団の関係に置き換えられるからです。


個別相対の関係が切断されない先渡し取引では、この転売買い戻しをおこなうことができません。 この
ため、仮に買付けた先約定物が、その後値上りして利益が出た時は、同一決済日のものを「新しく」売り
つけ、売りと買いを両建てして決済日まで持ち越します。


こうすることによって、決済日が到来した時、この両建ての売りと買いを相殺して差額を授受することが
できます。 値下がり損んを防止しようとするときも、転売ができないので同様の両建ての方法により、
損失を防止します。先物取引では、この先物取引の特異な契約に基づいているからです。


通常の民・商法上の売買が、特定者による個別相対の関係で、決済日まで売買双方の債券債務が継続
するのに対して、先物取引では、 その関係が切断されることになります。






テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。