スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






金相場を支える白金相場の急騰


商品先物取引が分かる金融取引入門】


米卸売物価指数などの経済統計で、インフレの兆しが示される
こととなり、FRBが、積極的な利下げに踏み切るとの観測が後退
したことからドルが急伸することとなりました。



ドルが、1ユーロ=1.43ドル付近まで急騰したことから、地合い
は圧迫されることとなりました。


金相場の上昇は、インフレに対するヘッジとしての金の魅力を高
めるものとして捉えられていると思います。



しかし、短期的にはドルの強さが金相場には弱材料となりました。


NY原油は、FRBなど5ヶ国の中央銀行による流動性供給で協調
するとの声明をだしたことにより、一時、信用不安が後退しました。



その後はOPEC増産見通しなどで、90ドルを割り込むなど、弱地合
いが継続されることとなりました。



米商品先物取引委員会(CFTC)の取組高報告では、12/11時点の
ファンド筋の金先物の買い越し幅は17万1,774枚と、前週(16万7,5
24枚)から小幅増となっていることが明らかになりました。



今後クリスマス休暇や年末年始を控え、市場参加者が減少する事
が予想される中、ユーロが下落し、原油や株価も低迷しているので、
金への買い意欲が後退しております。



こうしたことから、今後相場はさらに下値を探る展開となりそうな
雰囲気が強まっているように思います。





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : OPEC

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。