スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






原油相場の年明けの動きに注意する


商品先物取引が分かる金融取引入門】



NY原油は、これまで悩ませていた金融不安の後退や、週間
在庫が減少したことにより、急騰することとなりました。



しかし、その後はインフレ懸念が再び高まったことにより景気
減速懸念およびドル高によって戻り売りが先行しております。



インフレを警戒する動きが高まった背景には、卸売物価指数
(PPI)、米消費者物価指数(CPI)が事前予想を超える大幅上昇
となったことが大きな要因として挙げられております。



こうしたことにより、今後エネルギー需要が伸び悩むとの見方
が強まることとなり、手じまい売りが加速したもようです。



また、市場にてOPECが来年2月の総会で増産に踏み切るとの
観測が報じられたこともマイナス要因として捉えられています。



今年の米国の気温が平均して温暖なため、こうしたことから、
全米の暖房需要は平年を8%ほど下回ると推測されとります。


こうしたことも、大きな要因として相場の上値を圧迫しています。


また、米エネルギー省(DOE)が発表した米週間石油統計により
ますと、原油在庫が2億9,690万バレルとっており、予想を大幅
に上回るペースで減少していることが明らかになりました。



こうした背景には、メキシコ湾で濃霧が発生したことにより航路が
閉鎖されたことを受けて、輸入量が激減したためです。



今現在、100以上、原油価格が上昇するようなことは考えにくい
ことから、買い方の勢いは影を潜めております。



しかし、来年以降、再びサブプライムに関連した信用不安によって、
金融市場がどのように動くのか注目されていることから、このまま
相場が大きく下落するとは思えません。



こうしたことから、今後は、年明けの値動きを見てからどのような
ポジションを取るか決めるのが得策だと思います。




応援クリックお願いいたします。

人気blogランキングへ

FC2 Blog ランキングへ



商品先物取引は自己責任でお願いします。

商品先物取引に関するサイト内の文章の誤字、誤配信
を含め、一切責任を負いませんので予めご了承ください。

商品先物取引が分かる金融取引入門トップへ





テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : OPEC

コメントの投稿

Secre

さらに詳しくしらべる


 検索例  
商品先物取引 銘柄 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

商品先物取引 トウモロコシ  ガソリン 原油 地政学リスク OPEC テクニカル分析 差金決済 商品先物市場 先物取引 ロイター 大豆 ファンダメンタルズ コーン サヤ取り 地政学的リスク 為替 ヘッジファンド 短期売買 米原油在庫 灯油 金相場 商品トレード ECB CFD 商品先物 金価格 石油備蓄放出 要請 即時停止 アビトラージ コモディティCFD ゼロサムゲームとは 白金  板寄せ取引 ザラバ取引 ブルームバーグ 商品市場 証拠金取引 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。